昭和薬品化工

経営理念

歯科分野におけるQOL の向上と、医療の未来への貢献
人々が「噛む」ことによって食べ物をおいしく食べられる喜びをいつまでも感じられるよう、歯科分野におけるQOL の向上に貢献する。
歯科分野の側面からさまざまな疾患にアプローチし、医療の未来に貢献する。
社員が楽しく仕事をし、目標を達成することで、患者さまに笑顔を広げていく。
 

経営方針

歯科分野のスペシャリテイファーマとして事業を展開
歯科分野に特化したスペシャリティファーマとして、「ニッチ」「独自」「高付加価値」を追求する。
 

「昭和薬品化工」とは、どんな企業?

昭和薬品化工株式会社は東京都中央区京橋に本社を置く、歯科領域における医薬品・医療機器等の製造・販売を行っている会社である。1948年7月、昭和農産化工株式会社から分離し、ペニシリンを中心とした医薬品の製造販売を開始。1975年4月、昭和歯材化工株式会社を設立。
(出典:『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版』:昭和薬品化工。2017年09月26日 07:09)

昭和薬品化工の経営理念

sidetitleオススメサイトsidetitle
sidetitleカテゴリ別経営理念sidetitle
sidetitleおすすめサイトsidetitle
sidetitle経営理念最新up記事sidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleお問合せフォームsidetitle

名前:
メール:
件名:
本文:

sidetitle経営理念RSSsidetitle