苫小牧民報

------------------  企業理念  ------------------

存在意義

私たちは、開かれた地域のトータル・メディア・プラザ(総合的な情報広場)を構築しすべての人が心豊かで活力あるふるさとを創造するため全力を尽くします。
 

経営姿勢

私たちは、報道、言論の展開にあたっては真実を求め、公正、人権を尊重し、とまみんグループをあげ地域の産業・文化の発展と住民福祉の向上につとめます。
 

行動指標

私たちは、日ごろからその能力と技術力の向上につとめ、常にあたたかく謙虚な姿勢で地域の住民に接し、信頼感の確立、向上につとめます。
 

「苫小牧民報」とは、どんな企業?

苫小牧民報、社名:苫小牧民報社は北海道苫小牧市やその周辺を対象地域とする地方新聞(夕刊)。系列に千歳民報社がある。1950年(昭和25年)1月15日創刊。発行部数は苫小牧民報、千歳民報合算で公称60,000部。苫小牧市内に限っては、北海道新聞を上回っている。日曜休刊。苫小牧では「民報」「民報さん」の名称で親しまれている。
(出典:『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版』 : 苫小牧民報。2016年12月08日 16:58)

苫小牧民報の経営理念

sidetitleオススメサイトsidetitle
sidetitleカテゴリ別経営理念sidetitle
sidetitleおすすめサイトsidetitle
sidetitle経営理念最新up記事sidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleお問合せフォームsidetitle

名前:
メール:
件名:
本文:

sidetitle経営理念RSSsidetitle