かどや製油

経営理念

私たちは、お客様に常に感謝の心を持ち、安心・安全かつ価値あるごま製品を提供することで、健康でより豊かな食生活に貢献します。
 

「かどや製油」とは、どんな企業?

かどや製油株式会社は、ごま油を主とした食用油の製造販売をおこなう企業。本社は東京都品川区西五反田八丁目。
1858年に小豆島で加登屋製油所として創業。この地で生産されるごま油は、長い間西日本を中心に高い評判を得ていたが、東日本では無名に等しかった。同社は事業の拡大を目指し、1936年(昭和11年)に食用油の卸業者として創業。同社製品の東日本の代理店を担当していた小澤物産(現在は産業資材の製造販売を手掛ける企業に転身している)と共同出資をおこない、1957年(昭和32年)に加登屋製油株式会社を設立すると共に、本社を東京都品川区に設置する。工場は、創業から現在に至るまで小豆島に位置しており、この島から離れることなく脈々と生産され続けている。その他神戸に物流拠点が存在している。
(出典:『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版』 : かどや製油。2016年10月31日 16:40)

かどや製油の経営理念

sidetitleオススメサイトsidetitle
sidetitleカテゴリ別経営理念sidetitle
sidetitleおすすめサイトsidetitle
sidetitle経営理念最新up記事sidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleお問合せフォームsidetitle

名前:
メール:
件名:
本文:

sidetitle経営理念RSSsidetitle