阪急交通社

企業理念

人と人の交流を通じて、
新たな価値を創造し
豊かな平和社会の発展に貢献する。
 

経営理念

わたしたちは、独創的な旅を通してお客様の夢をともに叶え、満足を共有します。
「お客様の笑顔」・・・それがわたしたちの成長の糧です。
わたしたちは、旅を介して地域の活性化や人々の交流に貢献します。
「元気な社会」・・・それがわたしたちの願いです。
わたしたちは、一人ひとりが主人公である会社です。
「阪急交通社で働くこと」・・・それがわたしたちの誇りです。
 

行動規範

法令を遵守し お客様の立場にたって事業活動を遂行します。
日本のみならず世界各国の法令を遵守し、高い倫理観に基づいた事業活動を行いま す。お客様の立場にたって、そのニーズや希望を敏感にキャッチできる感性を磨き、お客様の期待に応える事業活動を行います。
高い創意を持ち プロフェッショナルとして誇れるサービスを提供します。
知識情報化社会の中で、お客様に「喜びと感動」をもたらすため、高い創意を持って一層の自己研鑽を行い、より専門的な知識を身につけたプロフェッショナルとしての卓越したサービスを提供します。
個人の尊厳を守り 働きやすい公正な職場を築きます。
創造的で質の高いサービスをお客様に提供するためには、それを生み出す社員が常に自分の能力を充分に発揮できる環境が必要です。社員一人ひとりがお互いの人間性と個性を尊重し、活き活きと働くことのできる職場づくりを目指します。
 

「阪急交通社」とは、どんな企業?

株式会社阪急交通社(はんきゅうこうつうしゃ)は、阪急阪神ホールディングスの中核事業会社で阪急阪神東宝グループに属する日本の旅行会社、大手旅行会社の一つ。2009・2012年度の旅行取扱高は業界第3位である。
1948年(昭和23年)2月22日に阪急電鉄が代理店部を設立して航空代理店業務を開始し、同年11月に阪神電気鉄道が航空代理店の業務開始し、海外業務渡航を中心に旅行代理店業務を行ったのが始まりである。
1960年(昭和35年)10月5日に阪急電鉄の代理店部が分社化し株式会社阪急国際交通社が設立され、1962年(昭和37年)4月に初代株式会社阪急交通社を吸収合併して2代目株式会社阪急交通社と社名を変更し、その後は2代目株式会社阪急交通社が事業を行っていた。
もう一方の阪神電気鉄道グループは電鉄会社本体の航空営業部で事業を続けていた。
株式会社阪急交通社として独立した後も他の大手旅行代理店と異なり、航空貨物事業との併営を続けていた。
この点は後に当社と合併した阪神航空も同様で、1999年(平成11年)10月に阪神電気鉄道から国際航空貨物取扱業を阪神エアカーゴ株式会社に営業譲渡して分離独立するまでは、阪神電気鉄道航空営業部が航空貨物事業との併営を続けていた。
(出典:『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版』 : 阪急交通社。2015年3月3日 7:52)

阪急交通社の経営理念

sidetitleオススメサイトsidetitle
sidetitleカテゴリ別経営理念sidetitle
sidetitleおすすめサイトsidetitle
sidetitle経営理念最新up記事sidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleお問合せフォームsidetitle

名前:
メール:
件名:
本文:

sidetitle経営理念RSSsidetitle