ダイドードリンコ

------------------  経営理念  ------------------

グループ理念

人と、社会と、共に喜び、共に栄える。
その実現のためにDyDoグループは、ダイナミックにチャレンジを続ける。
 

グループビジョン

DyDoはお客様と共に。
高い品質にいつもサプライズを添えて、「オンリーDyDo」のおいしさと健康をお客様にお届けします。
DyDoは社会と共に。
グループ全体で生み出す製品・企業活動「オールDyDo」が、豊かで元気な社会づくりに貢献します。
DyDoは次代と共に。
国境も既存の枠組みも超えて、次代に向けて「DyDoスタンダード」を創造します。
DyDoは人と共に。
飽くなき「DyDoチャレンジ」で、DyDoグループに関わるすべての人の幸せを実現します。
 

「ダイドードリンコ」とは、どんな企業?

ダイドードリンコ株式会社 (英: Dydo Drinco, Incorporated) は、日本の清涼飲料メーカー。
1975年(昭和50年)、当時は奈良県御所市に本社があった大同薬品工業から清涼飲料・営業部門を切り離して「ダイドー株式会社」として設立。1984年(昭和59年)に現在の社名に変更した。現社名は会社に対する考え方を表している。「ダイドー」は前身の設立母体である大同薬品工業の“大同”をカタカナ表記し、その英文字表記は国際化時代の総合飲料メーカーにふさわしく「ダイナミック(Dynamic)」と「ドゥ(Do)」にちなんで「DyDo」としている。「ドリンコ」は英語の「ドリンク(Drink)」に“仲間・会社”を意味する「カンパニー(Company)」を合わせた造語。会社名全体で「ダイナミックに活動するドリンク仲間」を表現している。
現在は大同薬品がダイドードリンコの連結子会社となっており、主にダイドードリンコおよびグループ外製薬会社向けの医薬品(栄養ドリンク剤)、清涼飲料水などの委託製造を行っている。
他社と比較して自動販売機による売上比率が大きいことで知られ、9割にも達する。一部の自動販売機には独自のポイントカード機能や、関西弁などで利用者に語りかけるおしゃべり機能など特徴的な機能を搭載している。これは同社の「感謝の気持ちの表れ」で商品購入時、客に楽しんでほしいとの想いから、継続してその環境を提供している。
(出典:『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版』 : ダイドードリンコ。2015年2月26日 11:35)

ダイドードリンコの経営理念

sidetitleオススメサイトsidetitle
sidetitleカテゴリ別経営理念sidetitle
sidetitleおすすめサイトsidetitle
sidetitle経営理念最新up記事sidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleお問合せフォームsidetitle

名前:
メール:
件名:
本文:

sidetitle経営理念RSSsidetitle