北海道新聞社

北海道新聞編集綱領

1.迅速、正確に報道し、公正な社論によって健全な世論を育てる。
2.自由、正義、人権を尊重し、平和で文化的な国家の発展に資する。
3.北海道の実情を解明し、産業の進展と生活の向上に寄与する。
4.品位と責任を重んじ、平明で親しみある紙面を作る。
 

「北海道新聞社」とは、どんな企業?

株式会社北海道新聞社(ほっかいどうしんぶんしゃ、The Hokkaido Shimbun Press)は、ブロック紙の北海道新聞を発行する新聞社である。子会社として道新スポーツなどを持つ。
1942年(昭和17年)、新聞統制によって北海道の11紙が統合され「北海道新聞」が誕生。その発行会社として設立された。 道内に系列放送局(北海道放送(HBC)、北海道文化放送(UHB)、テレビ北海道(TVh)、エフエム北海道(AIR-G'))を複数擁し、北海道のマスメディアで独占的な地位を確立。年間売上高は750 - 760億円で、新聞業界第6位の規模を誇る。
(出典:『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版』 : 北海道新聞社。2015年01月18日 8:12)

北海道新聞社の経営理念

sidetitleオススメサイトsidetitle
sidetitleカテゴリ別経営理念sidetitle
sidetitleおすすめサイトsidetitle
sidetitle経営理念最新up記事sidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleお問合せフォームsidetitle

名前:
メール:
件名:
本文:

sidetitle経営理念RSSsidetitle