産経新聞

産経信条

一、産経は民主主義と自由のためにたたかう
われわれは民主主義と自由が国民の幸福の基盤であり、それを維持し発展させることが言論機関の最大の使命であると確信する。したがってこれを否定するいっさいの暴力と破壊に、言論の力で対決してゆく。
一、産経は豊かな国、住みよい社会の建設につくす
われわれは国土の安全と社会の安定をねがう。そして貧困、犯罪、公害など、あらゆる社会悪の追放に努力し、すぐれた文化、美しい自然のなかで、調和のとれた物質的繁栄とこころの豊かさを追求してゆく。
一、産経は世界的な視野で平和日本を考える
われわれは国際社会からの孤立は許されないとの認識に立ち、対立より協調を、戦争より平和を選ぶ。平等友愛の精神をもって自立をもとめる国々をたすけ、ともに世界の共存共栄をはかってゆく。
一、産経は明るい未来の創造をめざす
われわれは技術革新と社会変化を正しく方向づけ、真の進歩に向かって前進する。そして絶えず新しい価値観、新しい人間像を追求しつつ、勇気をもって未来へ挑戦してゆく。
 

「産経新聞」とは、どんな企業?

産経新聞(さんけいしんぶん、英称:THE SANKEI SHIMBUN)は、産業経済新聞社が発行する日本の新聞。大阪新聞の僚紙である日本工業新聞(1933年(昭和8年)6月20日創刊)を前身とし、時事新報の流れを汲む。キャッチフレーズは「モノを言う新聞」。
(出典:『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版』 : 産経新聞。2014年1月15日 15:35)

産経新聞の経営理念

sidetitleオススメサイトsidetitle
sidetitleカテゴリ別経営理念sidetitle
sidetitleおすすめサイトsidetitle
sidetitle経営理念最新up記事sidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleお問合せフォームsidetitle

名前:
メール:
件名:
本文:

sidetitle経営理念RSSsidetitle