サンルートホテル

経営理念

輝かしい未来を象徴する「太陽への道」サンルートの下、幅広い多くのお客さまに愛され親しまれるホテルチェーンを築き、その発展を期するとともに豊かな生活と地域文化の向上に貢献します。
 

「サンルートホテル」とは、どんな企業?

サンルートホテルチェーンは、旧日本交通公社と旧第一ホテルの合弁で設立された株式会社サンルート(SUNROUTE Co.,LTD)(東京都渋谷区代々木2丁目22番8号 代々木かえつビル2階に本社を置く)が運営するホテルチェーンである。現在は相鉄ホールディングスの完全子会社である。
2014年9月1日付でジェイティービーが保有するサンルートの株式を相鉄ホールディングスへ譲渡し、相鉄ホールディングスの完全子会社となった。これにより客室数業界第5位のホテルグループとなる。東急イン、ワシントンホテルと共にビジネスホテル御三家と称される。
(出典:『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版』 : サンルートホテルチェーン。2014年12月28日 090:01)

サンルートホテルの経営理念

sidetitleオススメサイトsidetitle
sidetitleカテゴリ別経営理念sidetitle
sidetitleおすすめサイトsidetitle
sidetitle経営理念最新up記事sidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleお問合せフォームsidetitle

名前:
メール:
件名:
本文:

sidetitle経営理念RSSsidetitle