オムロン

社憲

われわれの働きで われわれの生活を向上し よりよい社会をつくりましょう

社憲は、創業者の立石一真が、企業が「社会の公器」であることを社員向けにわかりやすい言葉でまとめたものです。

基本理念

企業は社会の公器である

「企業は社会の公器である」という考え方は、過去半世紀にわたりオムロングループの存在意義を示すものとして脈々と受け継がれてきました。

「企業は社会に役立ってこそ存在価値があり、利潤を上げることができ、存続していける」という創業者・立石一真の信念を表しています。

企業は、社会に対して有益な価値を提供するために存在し、社会の期待に十分応えられてこそ、よき企業市民として社会から信頼され、存在を許されると考えています。

経営理念

チャレンジ精神の発揮

オムロングループは、自らを「永遠のベンチャー企業」として位置付け、あくなきチャレンジを重視しています。あらゆる企業活動において、現状に甘んじることなく、失敗を恐れず、他に先んじて成果を追求することが、社会に貢献するためには不可欠だと確信しています。

ソーシャルニーズの創造

「ソーシャルニーズの創造」とは、潜在するニーズを感知することにより、暮らしをより豊かにする、また社会の課題を解決する製品・サービスを先駆けて提供し、社会に役立つことです。オムロングループは、固有のセンシング&コントロール技術を核に「ソーシャルニーズの創造」を行い、「個人と社会」「人間と自然」「人間と機械」が調和しながら発展し続ける社会づくりに、率先して取り組みます。

人間性の尊重

オムロングループは、誰もが生きる喜びや誇りを実感し、知恵や感性を駆使して創造的な活動を楽しむという、「人間らしさ」を発揮できる社会づくりに貢献します。そのため、人の多様性、人格、個性の尊重はもとより、人間らしい暮らしや仕事を追求する、「人間性の尊重」という価値観を、すべての企業活動の基本としています。

オムロンの企業理念

sidetitleオススメサイトsidetitle
sidetitleカテゴリ別経営理念sidetitle
sidetitleおすすめサイトsidetitle
sidetitle経営理念最新up記事sidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleお問合せフォームsidetitle

名前:
メール:
件名:
本文:

sidetitle経営理念RSSsidetitle